店舗の売上アップと集客

固定客の作り方や固定客化させるための3つのポイント

固定客化の方法について
The following two tabs change content below.
「自分だけのメディア」はお客さんを集め続ける“武器”になります。私はそれぞれの方に合った“継続的で自動的な仕組み”を創る専門家です。 またファン化をすることに好評をいただいております“漫画”を活用した集客の武器の制作も行っております。 個人/法人/有名人芸能人など合わせて150社ほどサポート。
小林
小林
こんにちは。最近固定で通ってるお店は家系ラーメンの小林(@feel_act_manga)です。笑
本日の記事はこんな方々へ向けて
  • 継続的にお客様に足を運んでいただくお店作りをされたい方。
  • 新規顧客よりも常連のお客様を大切にできる仕組みを考えたい方。
  • コンテンツやメディアのファンを作りたい方。

などなどの方向けにご紹介させていただきますね。
集客の無料電話相談なども行っております。

ビジネスを始めると、新規顧客を集めることにばかり意識が行きがちなご経験はありますか。

私はあります。笑

当たり前のことのように感じられると思いますが、お客様がリピーターとして来てくださることにより、「さらに高単価なものを購入して頂ける」ということがアメリカの新聞のハーバードビジネスビューからも発表されました。

そのように固定客になっていただくと仕組みづくりは、ビジネスの初期段階から特に重要なことになるというわけですね。

本日はそのための「固定客の作り方や固定客化させるための3つのポイント」についてご紹介させていただきたいと思います。

固定客のお客様がいることがなぜ重要なのか?

固定のお客様になっていただく仕組み作りというのは、業種業態によっても方法は変わってはきますが、とても重要な課題です。

私もお仕事を始めた当初は、サービスの質が低かったこともあるでしょうが一度のお仕事で終わりになることが多く、またお仕事をお願いしていただくだめにはどうしたらいいのか悩むことも多かったです。

小林
小林
ただ、どのような事業であっても固定客化させるための作り方の方法がきちんと取られているのあれば、新規集客に力を入れなくともお仕事は自動的に生まれ続けそうですよね。

ということで、本日はその固定客化させるための作り方のポイントについてご紹介をさえていただければと思います。

ポイント1:お客様が求めているものはなんなのか?

お得感を感じていただける仕組みの導入

さて、まずはあらゆる先入観を捨てて、現在固定客化させるための作り方の措置に成功していると思いますビジネスを、有名な企業でも身の回りの例でも何でもいいので考えてみてください。

そこに共通してありますのは、固定客化させるための作り方の措置として、お客様になっておけば特をする仕掛けが施されている事がございます。

具体的に言えば、例えばクーポン券を毎回配布するなどですね。現代の世の中、ありとあらゆる物が溢れてしまい、消費者獲得のための競争は激しくなるばかりです。

そのような中ですから、少なくとも何か一つでも、客観的に見てずっとここで買い物をしようと思うような、固定客化させるための作り方の措置は絶対に不可欠と言っていいでしょう。

単純なプレゼントでもいい

さて、考え方として、そこで買い物をまたしようと思わせるための固定客化させるための作り方の仕掛けが必要である事はわかりました。

しかしそうは言っても、大手がやっているようなサービスはできませんし、小規模でブランド力がまだない事業はどうすればいいでしょうか。

もちろん書きましたように固定客化させるための作り方の基本的な仕掛け作りはするべきです。

そして、その上でさらにそのような固定客化させるための作り方の措置に困る場合のおすすめが、真心を提供する事です。

それでは言い方が抽象的かもしれませんが、中小企業などにとっては、一番の差別化ポイントはやはりいかにお客様を大切にしているか、それが伝えられる人間力なのだと私は思っております。
かく言う私も、正直の所別段これといって卓越したものも持っておりませんし、淡々とやってきました。

しかし、人からの信頼を裏切らないようにし、また、お客様やそうなり得そうな方も全て含め、常に心を形にして示す努力はしてきたつもりで、結果その気持ちが返ってきて今の事業が回っていると言ってもいい状況だと思っております。

本当にそれはちょっとしたものでいいのです。何かをギブされますと、人はそれを返したいという心理が絶対に働きます。

それを活用した固定客化させるための作り方の方法であれば、みんなが嬉しい気持ちになってよりビジネスが活性化できると思います。

どのような事でもそうですが、特にビジネスの現場では、とにかく相手にはギブをしろとよく言われ、その積み重ねが固定客化させるための作り方の方法にいつの間にか繋がっているという事は多いのです。

ポイント2:継続的にアプローチをし続ける仕組み作り

ではお次の固定客化させるための作り方の措置としては、アプローチを続けるという事です。

たまに大企業でもその事業の全てを囲ってしまっていると問題視される事はあると思いますが、あなただけのお客様を囲う事ができれば、それは理想的な固定客化させるための作り方の方法ですよね。

固定客化させるための作り方の措置として、仮に上記のようにギブによって信頼関係になっている方にそのまま上手く販売できたとしても、その関係もその場限りでは固定客化させるための作り方の措置としては弱いと言えます。

そこでおすすめな考え方が、そのビジネスを会員制、登録制にするという固定客化させるための作り方の方法です。

これはお客様をその囲いの中の一員にしてしまう事によって、強制的に固定客化させる作り方にはなるのですが、上手く商品・サービスを提供できる土台になっていれば、むしろその方がわかりやすく、お客様にとってはいいと思える事も多いので、かなりお得な固定客化させるための作り方の方法なのです。

その固定客化させるための作り方の手として囲ったお客様に対しても、さらに上記のようなギブの精神を忘れなければ、より相乗的に成功に繋がるとも言えるでしょう。

ポイント3:固定客化のための新規アプローチとは!?

おすすめはウェブの構築

ここまで固定客化させるための作り方には概念的に、ギブをすればいい、囲えばいい、という事をお話してきましたが、ではここからは具体的な、固定客化させるための作り方の措置を取りたいあなただけにおすすめの方法についてご紹介いたします。

それが、ウェブを活用する事です。

昨今、どのような商品・サービスを享受するにもウェブを通される事が主流となってきましたよね。

例えば、アプリで登録する事で割引になるとか、同じ商品を購入するのにウェブで価格を比べてみるとか、消費行動の観点からもシェアと呼ばれ、実際に我々もSNSの一つや二つには関わっているものです。

よって、固定客化させるための作り方の措置として、この多くの方がすでに囲われていると言ってもいいウェブの世界を活用しない手はないのです。

単純に考えれば、固定客化させるための作り方の措置としてあなただけの商品・サービスを紹介したウェブサイトを作ってみるとか、ショッピングサイトに出品するとか、それはお使いになられる方によって様々変わるでしょう。

一つ最近面白いと思っているのが、固定客化させるための作り方の措置にも繋がります、クラウドソーシングサイトです。

よく固定客化させるための作り方の措置としてご存じない方は調べますとすぐにたくさんの情報が出てきますが、簡単に言えば自身のスキルを自由に販売できるサイトの事です。

ウェブはこういった所から自由に実績を作って見せるような事も可能になってきており、要するに固定客化させるための作り方の措置として、何かしらウェブから絡められないものはないのです。

しかし、ウェブが今すごい事はわかっても、あまりに膨大な可能性があり過ぎて、固定客化させるための作り方はどうすればいいのか迷ってしまわれる方も多いでしょう。

そのような時に私が最もおすすめしているのが、「ブログ」を使った固定客化させるための作り方の措置です。

SNSやメディアの活用でアプローチ

ブログなどのメディアと聞くと、よくわからない方からすれば、固定客化させるための作り方の方法にどうすればなるのかいまいちピンと来ない所はあるかもしれません。

ここで言うブログとは、本格的にブランディングしたパワーメディアとしての集客媒体の事を言います。

あくまで固定客化させるための作り方に有効な使い方をするので、別に普段の日記を書いたりするわけではございません。

ブログはこの多くの方が関わるウェブという世界で、固定客化させるための作り方としてお客様を集める入口にまず最適です。なぜかと言えば、きちんとした書き方で書けば、最も重要な検索エンジンでの上位表示がしやすいので、そこから欲しいお客様だけを次々集める事が可能です。

そして、さらに固定客化させるための作り方の措置に直接繋がるものとして、集めた方をそのブログの内部でギブの対象にしたり、囲う事ができるのです。

どのような固定客化させるための作り方の手段を取ればいいのかはあなたによりますが、無料配布のPDFや動画、メルマガへの登録やクーポンの交付、直接カートで購入できるシステムなど、あらゆる固定客化させるための作り方に欲しい機能が全て揃います。

かつてブログのない時代にはここで揃う全てを自分の足で動いて作っていくしかありませんでした。このせっかくの文明の利器を活用しない手はないでしょう。

本日の記事のまとめ

私は無料集客相談なども行っておりますので、新規集客から、ファン化、固定客化など集客に関するご相談はお気軽にご連絡ください。

固定客化させるための作り方は、あなたによって示すべき答えがまるで変わってきますので適宜なアドバイスが必要になるのです。

本当に皆さん状況が違いますからね。

というわけで今日は「固定客の作り方や固定客化させるための3つのポイント」というテーマでお届けしました。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
ウェブ集客ドクター小林翔
「自分だけのメディア」はお客さんを集め続ける“武器”になります。私はそれぞれの方に合った“継続的で自動的な仕組み”を創る専門家です。 またファン化をすることに好評をいただいております“漫画”を活用した集客の武器の制作も行っております。 個人/法人/有名人芸能人など合わせて150社ほどサポート。
まずは月商30万!!自動で集客・自動で稼ぐメディアを今すぐ手に入れよう!

『集客や売上を上げ続ける仕組みヅクリ』はそれぞれの業種業態や状況によっても違ってきます。どんなことでもお気軽にご相談ください。