ウェブ集客ドクター
小林翔
「自分だけのメディア」はお客さんを集め続ける“武器”になります。私はそれぞれの方に合った“継続的で自動的な仕組み”を創る専門家です。 またファン化をすることに好評をいただいております“漫画”を活用した集客の武器の制作も行っております。 個人/法人/有名人芸能人など合わせて150社ほどサポート。
\ Follow me /
記事タイトルの作り方

yahoo知恵袋の集客のための使い方の3つのポイント!

皆さんこんにちは。
ウェブ集客ドクターの小林です。

皆さんはYahoo!知恵袋をどのように活用されていらっしゃいますか?

通常は、あまり人に言えないようなお悩みをあったことのない誰か相談をするために活用をされることが多いかと思います。

逆に言ってしまえば、Yahoo!知恵袋は人があまり誰にも相談ができないけど、本当に心から困っているお悩みの宝庫というわけですね。

ということで、本日は「yahoo知恵袋の集客のための使い方の3つのポイント!」と題うって、Yahoo!知恵袋を集客で活用する方法についてご紹介させていただきたいと思います。

検索エンジンからの集客とは

さて集客というお話をさせて頂きましたが、そもそもウェブでの集客であろうがリアルでの集客であろうが当たり前のことですが、「お客様のことをしらないことには集客はできない」ということをご認識ください。

そうした方に必ず行っていただきたい事があるのですが、それが今回のテーマでもあります、yahoo知恵袋の正しい使い方での使用です。

今回お話させていただきますyahoo知恵袋の使い方をなぜピックアップするのかと言えば、これがどのような集客をする際にも重要な、ターゲット選定や競合分析、つまり3C分析の観点から顧客の潜在的なニーズ等を探すのに最も適した媒体だからです。

3C分析とは、自社、顧客、競合の3つをきちんと分析する事で自身のビジネスを成功させるための戦略を練るのに必須な分析ですが、それがウェブから集客する場合、このyahoo知恵袋の使い方次第でいい方向に導かれていくのです。

一般的なyahoo知恵袋の使い方としましては、気になる事、質問したい事などを書き、解答てきる方が答えていくという形式だと思われますが、ここでは、顔の見えないウェブだからこそ全てをさらけ出して言える事、答えられる事の、人の本音が結集していると言えます。

そして、yahoo知恵袋の使い方をすべきウェブえ集客する事をお考えの方にとって最も重要なのは、検索キーワード選びだと言えると思います。

もうお分かりの方もおられるかもしれませんが、yahoo知恵袋の正しい使い方さえできれば、これからウェブで集客を行う時に必要な、明確なターゲット選定から導かれる検索需要のあるキーワードが、全て揃ってしまうのです。

これはyahoo知恵袋の使い方を知らずにリアルでお客様集めするためにお客様の声や競合分析などをする事の何倍ものコストパフォーマンスを生む画期的な事です。

それでも、これだけウェブから集客しようとしている方がおられると言うのに、意外なほど注目されていないyahoo知恵袋の使い方。

ここでは、いかにしてそのような非常に優れた媒体yahoo知恵袋の使い方を取れば、最も効果的にあなたのビジネスを助けるキーワードが探せるのかについて詳しく解説いたします。


ここで得たyahoo知恵袋の使い方の知識から正しいキーワードが見つかりさえすれば、あなたのウェブ上での集客の成功は大きく保証されるものになってくるでしょう。

私も普段主にブログで、ウェブからの集客のコンサルタントをしておりますが、yahoo知恵袋の使い方によってキーワードさえ見つかれば、後はもうほぼ時間の問題と言え、先には集客の成功が見えてきますね。

少なくともご注意いただきたいのが、絶対にyahoo知恵袋の使い方などを考えず、自身の頭だけで考えてキーワードを作ってしまう事です。

ウェブだからこそ油断するのか、意外なほどにyahoo知恵袋の使い方など、そういったきちんとした分析を無視して根拠のない決めつけでキーワードを決め、結局お客様集めできず、といったケースは多いです。

yahoo知恵袋の使い方は別に難しい事でもありません。

せっかくこのような打ってつけてのすぐに使えるyahoo知恵袋の使い方があるのに、yahoo知恵袋の使い方を意識せずに失敗してしまっては、そのビジネスは非常にもったいないですよ。

yahoo知恵袋の使い方

1:まずは思いつくキーワードをいれて、自分のお客さんになる可能性がある人の悩みをさがして、ワードやエクセルなどで表を作ってまとめておく

ではさっそくyahoo知恵袋の使い方を具体的に実践していきましょう。

まず一番にすべきなのは、あなたのターゲットにしている方はどのような方か整理する事です。

yahoo知恵袋の使い方はそれぞれによって違うキーワードを見つけるものです。あなただからこそできる事なので、モチベーション高くyahoo知恵袋の使い方を進めていきましょうね。

さて、では続いてそのあなたのターゲットとする方が、どのような「困る」を抱えているかを分析していくために、手がかりになるようなキーワードを一つ考えてみてください。

例えば、先日の私のお客様の場合は、ポートレートのモデルをされていて、撮影していただく方を集客したいという事でしたので、「カメラマン 悩み」というキーワードが一番に出てきました。

yahoo知恵袋の使い方としては、そのようにして出てきたあなただけの発端となるキーワードで検索をかけてみる事がファーストステップです。

そして、その結果たくさんの内容がyahoo知恵袋に出てくる事と思います。

そうしたら次に行いますyahoo知恵袋の使い方が、その出てきた検索結果を順に、あるいは気になる見出しから見ていき、その内容の中からあなたのこれからお客様にしたい方のお悩みとなっている部分を、とにかくワードでもエクセルでも何でもいいので、箇条書きして記録していってください。

yahoo知恵袋の使い方としてどのように記録していくかは、別にあなたの一番やりやすい使用でかまいません。

この時点までのyahoo知恵袋の使い方は、単にざっくりとあなたが気になった内容をメモしていくに過ぎませんので、むしろてきとうに数多くの情報を集めておいた方が、後で淘汰するのでいいと思います。

2:その中から気になるキーワードを引き抜く(例を入れながら)

では続きましてのyahoo知恵袋の使い方ですが、ここまででとりあえずyahoo知恵袋の使い方として多くの、これからキーワードを作っていく上でのヒントになります、あなたのターゲットとなり得る方のお悩みの欠片が揃っていると思います。

今度のyahoo知恵袋の使い方はそのたくさんの欠片の中から、具体的にキーワードになると思われるものを引き抜いていってください。

後にさらにそのキーワードが使えるものかを調べるyahoo知恵袋の使い方の延長の作業についても触れますので、今の時点ではあなたがいいと思ったキーワードでいいでしょう。

例えば、先ほどの私のお客様の例で言えば、お客様はポートレートモデルをしようとしており、カメラマンを探されておりましたので、「カメラマン 悩み」からyahoo知恵袋の使い方として検索をスタートしましたね。

その結果、「スタジオ 紹介」や「コスプレ 謝礼」など、意外なキーワードがいくつも出てきました。

まさにyahoo知恵袋の使い方として、このようにあなたもすぐにはイメージできなかった、潜在的なお客様のお悩みがキーワードとして具体的になるのが、ここのyahoo知恵袋の使い方の狙いになります。

3:なるべく、その質問をした方がどんなカテゴリーの人なのかをまとめておく。年齢や職業や属性など

さて、上記までのyahoo知恵袋の使い方で、あなたのビジネスの3C分析などからも割り出せた、お客様のお悩みがキーワードとなって、ウェブ集客の準備が大きく進んだ事と思われます。

後は、補足的なyahoo知恵袋の使い方のステップなのですが、そのyahoo知恵袋の使い方として選んだキーワードに関わる質問をした方が、どのようなカテゴリーの人物なのかを控えておく事をしてみましょう。

要するに年齢、職業、属性などを、あなたなりにまたメモしていくyahoo知恵袋の使い方のステップです。

ここでは、yahoo知恵袋の使い方としてはそこまでしなくてもいいのではないか、とお考えになる方もおられるでしょうが、

後々の事を考えれば、このyahoo知恵袋の使い方をしておく事によって、お悩みの他にもターゲットのカテゴリーがわかりますので、よりお客様集めに関連してお金を稼ぐためにするべき事が明確になっていくのです。

例えば、全く同じお悩みを抱えていても、年齢が二十台の男性と四十台の女性では、全くをもってニーズが変わってきます。

yahoo知恵袋の使い方ではっきりさせられるのは、書いてきましたようなあなたのビジネスの方向性全てなのです。

ぜひ以上までのyahoo知恵袋の使い方を生かして、具体的なお客様集めを実現していってください。

さて、このようにしてウェブ集客には「キーワード」を探す事さえできれば勝機があるという事がわかりますが、このようにして「キーワード」を使ってお客様を集めるのに最も打ってつけなウェブ集客媒体が、「ブログ」になります。

以下に記載しますURLは、そうしてyahoo知恵袋の使い方からできたワードの検索需要を調べたり、「関連語」を探して競合性をチェックできるものです。

ここからさらに淘汰して、最も最適な「記事タイトル」を作る事ができれば、ウェブ集客は確実になります。

関連語を探すツール
http://www.related-keywords.com/

競合性を図るツール
http://rishirikonbu.jp/difficulty_checker/

私は現在無料キャンペーン中のブログ集客相談をしているのですが、もしこれからあなただけの成功を考えられる方にとっては、今回の内容も踏まえてブログを使った集客が非常におすすめになります。

ご興味があれば、すぐにでも何かしらアドバイスもできると思いますので、あなたの状況を一度私小林にお気軽にお話かけください。

あなたによって示すべき集客方法の答えがまるで変わってきますので適宜なアドバイスが必要になるのです。

今回の記事のご不明点なども合わせ、ご興味があればよければ一度どのような事でもお話ください。

そしてそこまではしなくてもいいという方でも、今回書かせていただいたyahoo知恵袋の使い方の内容にも繋がりますような内容も詳しく含めた、ブログ集客に必要な情報をぎっしりと詰め込んだ無料メルマガも、このページより配信しておりますので、ぜひあなたのビジネスを成功させるためにも、こちらの方もお気軽にチェックしてみてくださいね。

というわけで今日は「 yahoo知恵袋の集客のための使い方の3つのポイント!」というテーマでお届けしました。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
ウェブ集客ドクター小林翔
「自分だけのメディア」はお客さんを集め続ける“武器”になります。私はそれぞれの方に合った“継続的で自動的な仕組み”を創る専門家です。 またファン化をすることに好評をいただいております“漫画”を活用した集客の武器の制作も行っております。 個人/法人/有名人芸能人など合わせて150社ほどサポート。
まずは月商30万!!自動で集客・自動で稼ぐメディアを今すぐ手に入れよう!

『集客や売上を上げ続ける仕組みヅクリ』はそれぞれの業種業態や状況によっても違ってきます。どんなことでもお気軽にご相談ください。

全部無料!!
  1. 自動で人があつまるメディアの作り方を毎日学べる!
  2. あなたのブログメディアの徹底診断!
  3. 簡単チャット相談!

お得なプレゼントも多数ご用意しております!